azbil

GO to the azbil Global Site

Topページアズビル山武フレンドリーについて

アズビル山武フレンドリーについて

荻野社長
ご挨拶

アズビル山武フレンドリー株式会社
代表取締役社長 藪本 隆文

アズビル山武フレンドリーは知的障害者を雇用し、業務を行うアズビル株式会社の特例子会社として、1998年4月1日に10名の社員を迎えて創業いたしました。仕事の内容は清掃業務、社内メールの集配業務に始まり、コピーサービス業務、スキャナー作業、生産ライン補助作業・副組付け作業、エアクリーナのセル洗浄・メンテナンス作業、azbilグループPR誌の発送業務、廃棄物の収集・社内運搬、廃棄品の分別作業、緑地維持管理業務、さらには製品開発における試作品の製作・実験データ記録支援など、年とともに仕事の種類も増え、徐々に充実してきています。創業当時からアズビル山武フレンドリーの経営と運営を支えてきた初代スタッフはみな卒業し、現在は次の世代に引き継がれています。

身体に障害を持つ人も、健常者と同様に『自己実現』を目指す気持ちは同じです。障害者に対し『不運とは思うけれど、不幸とは思わない』と言う言葉を、ある人から聞いたことがあります。障害もその人が持つ一つの個性と見れば、健常者と何ら変わらないという考え方で、今後も社員に接していきたいと思っております。人を中心とするオートメーションを企業理念とするazbilグループにとって、事業を通じて、すべてのお客様をはじめ社員を含めて、安心、快適、充実感、達成感を実現することがわれわれの使命です。障害を持つ人も分け隔てなく働ける職場環境を作り、企業活動を通じて障害者の能力向上と自己実現を支援し、その成果によって社会に貢献することこそが当社の経営方針です。

アズビル山武フレンドリーの規模の拡大を考える時、まずは安定した仕事量を確保する必要があります。そのためにはアズビル山武フレンドリーといえども、品質・価格・納期でお客様の満足が得られなければなりません。『お客様から声をかけていただいた仕事は決して断らない』という姿勢で仕事の量的拡大を図ると同時に、さらに『仕事の質の向上』と『スピード』に挑戦していきたいと思っております。アズビル山武フレンドリーの成功が、地域社会における他企業の特例子会社設立に繋がれば、さらに就労可能な障害者の雇用機会も増加します。ぜひアズビル山武フレンドリーに対する皆様方の暖かいご支援とご協力を、よろしくお願い申し上げます。


ページトップへ

(C) Azbil Yamatake Friendly Co., Ltd. All rights reserved.